大切なお金を無駄にしないために契約前に注意すべきこと。

脱毛の契約をする時って、けっこう気持ちが盛り上がっていることがおおいと思います。

施術後の自分のツルツルになった肌を想像して、ついついうまくいかなかったときのことをよく聞かずに、脱毛のことばかり考えてしまいがちです。
脱毛の効果や方法などは、こちらが黙っていてもちゃんと説明してくれますが、うまくいかなかったとき、不満が出た時のことまでは詳しく説明はしてくれない場合があります。
また説明してくれても、その場限りの言葉で、「あの時担当者がこう言ったのに、話が違う!」なんてことも良くあります。
いつでも直ぐ止められる月額制ならばまだしも、ローン契約と同じ月額制もありますから、どんな脱毛の契約をする場合でも、大切なお金が無駄になってしまうということを予め肝に銘じで他全身脱毛のカウンセリングに臨みましょう。

録音を取るとベスト

カウンセリングの時には、携帯やスマフォで録音をとっておくのがお勧めです。ICレコーダーでもいいですが、なんとなく警戒されてしまうこともあるので、携帯やスマフォの方がいいかと思います。

「聞いても直ぐに忘れれてしまうので、ちょっと録音させてください」と言っておけばいいでしょう。拒否された場合や録音できない場合は、メモをとって、最後に説明してくれた人のサインをもらうといいでしょう。
なんでそこまでする必要があるのかと言うと、後で「聞いた話と違う」という時に、「そんなこと言っていない」とか、「その時の担当者がいないので分かりません」と言われてしまわないための防衛策です。
そんなことにならない事の方が多いでしょうが、もしもの時に総名ておくことは重要だと思います。
カウンセリング時にたいてい契約の話になるはずですが、この時中には良いことばかり言う担当者もいます。具体的に例を挙げてみるとこんな話が出てきます。

「6回ぐらいでツルツルになりますよ。」と言っわれたのに、あとで不満を言ったら、「6回ぐらいだと無駄毛処理が楽になる程度ですから。その倍以上は必要です。」と言われ、追加の契約を勧められたとか・・・。

「必ず3ヶ月おきに予約が取れますので大丈夫です。」と言われたのに全然予約が取れない、予約の電話がいつもつながらないなんてこことも・・・。

「うち漏らしがあった場合は、次回の時照射します。」と言われたのに、照射してもらえなかった・・・なんてことも。

このような時に、サイン入りのメモや録音があれば、言った通りの対応を求めたり、解約時に解約手数料をゼロにして、できるだけたくさん返金してもらうなどの対処ができると思います。口約束も契約になりますが、証拠がないと意味がないからです。

契約前に必ず聞いておくべきこと

予約が本当に取れるのか

どんなに脱毛の効果が良くても、料金やシステムが秀逸でも、予約が取れないのでは全く話になりません。

何よりも重要なのが自分の今のスケジュールで予約がきちんと取れる状況にあるのかどうか、それが脱毛の契約をするに際に、全てにおいて最優先事項になります。
実際に、自分が脱毛に通える時間帯、たとえば、平日の18時以降だとしたら、3ヶ月以内にどの程度予約が取れるのかなど、実際の例をあげて確認すべきです。
電話予約の場合、電話が全然つながらない事もありますので、実際にその場で電話してみるというてもあります。
ネット予約の場合、スマフォでアクセスしてみてもいいでしょう。中には、予約開始スタートの日の深夜0時に一斉に埋まってしまうので、夜中起きていなければならないなんてところもあるのです。
(予約の取りやすいサロンを参考にすると吉)

中途解約と返金方法について

脱毛の契約の時には、あとで゜解約しようんーなんてことは全く思っていないので、解約方法を説明されていても、良く聞いていないとか、理解できないまま聞き流しているなんて方が多いと思います。

脱毛サロンやエステの場合は、クーリングオフ制度もありますし、クーリングオフ期間後の解約についても法律で返金が定められています。ですから、解約する事は出来ますし、施術回数が残っていれば返金してもらえるのは当たり前です。しかし、解約方法がよく分からないうちに、解約できる期間が過ぎてしまったいたり、返金するといったのに、いつまでたっても振り込まれないとか、なった九いかない変な計算方法で返金額が少なかったり、などトラブルは沢山あるのです。
もちろん初めから解約なんてことは考えたくないのは当然なのですが、解約と返金については必ず確認しておくべきです。

  • 解約したい場合の方法について
  • 電話だけでは済まず、予約をして店舗に行って書面を書く必要などがあります。

  • 返金の場合の手数料や計算方法について
  • 解約手数料は上限が法律で決まっていますが、施術を受けていない分の返金については、変な計算式を持ち出してきて残りを出すという脱毛サロンもありますので納得できない計算式を言ってくるようだったら、契約しない方がいいです。

具体的な例

「解約の場合は、残った施術回数分は返金します。」と言われたのに、5回で解約したら、キャンペーン価格で10回分の契約で半分は戻るはずなのに、定価で1回分の施術料金が出されて5回分ひかれたので、殆ど返金されなかった。

12回契約で5回しか受けてないので、半分以上戻ってくるはずなのに、なぜか6回以上は全て6で割られ、6分の5回分消費したことになり、残金は6分の1という計算にされた。9割方とられてしまい、返金額はとてもすくなくなってしまった。

遅刻やキャンセルのペナルティー

一部の予約キャンセルのペナルティーが全くなしのミュゼを除けば、キャンセルについてはどこも結構厳しいですし、遅刻に関してはどこでも厳しいです。

時間の浪費は格安での脱毛には天敵になりますので、それは消費者側も十分理解して、遅刻しないように注意しなければなりません。
しかし、中にはそれはひどいという対応をされたという例もありますので、万一遅刻したばあの対応について聞いておきましょう。

 

具体的な例

「15分程度までの遅刻であれば、施術時間でできるだけの照射はします。」と言われたのに1分ほど遅刻しただけで、照射してもらえず、1回分消費にされてしまった。時間通りに行っても待たされることもあったのにひどすぎる対応だと思った。その時に担当者が忙しくてイライラしていたように見えた。

その脱毛契約ちょっとまった!|全身脱毛の契約前に注意すべきこと関連ページ

永久脱毛って本当に出来るの?
永久脱毛は本当に可能なのでしょうか?永久脱毛とはいったいどういう事がご存知ですか?レーザー脱毛は永久脱毛とうたっていますが本当なのでしょうか?
全身脱毛前の準備
全身脱毛の施術を受ける前に準備しておくべきことをまとめてみました。より効率よく無駄な料金を買えないためにも必要なことです。
光脱毛と、レーザー脱毛どっちがいいの?
全身脱毛する時、光脱毛とレーザー脱毛どちらがベストなのでしょうか?それは、何を優先したいかで異なってくるので、個人個人選択肢が異なります。安く脱毛したいのか、痛くなく脱毛したいのか、少ない回数で脱毛したいのかなど、選択肢は色々あるからです。
月額制のカラクリ|月額制で損をする?
一見いつでも止めせられるし、毎月のお小遣い程度でもできてしまうという感覚から、とてもお得な感じのする月額制脱毛コースですが。実は損をしてしま戸点もいっぱいあるのです。
脱毛サロン乗換|今のサロン中途解約して返金
損するのは分かっていても毛通いたくないと脱毛サロンを解約する人は結構います。でも損だけして脱毛も進まないのは嫌ですよね。そこで中途解約して返金してもらい乗換割り利用して別のところで脱毛する事についてかんがえてみました 。